弁護士になる道のり

狭き門である資格の一つ、弁護士。
そんな弁護士ですが、一般的な資格とは違って、一度のテストを合格しただけでは、弁護士になることは出来ません。
弁護士になるためにはどうすれば良いのか?弁護士になるために必要な道のりをいくつかご説明します。

弁護士になるためには、大きく分けて二つの道があります。
最も通っている人が多いのが、大学を卒業して法科大学院に入って学び、司法試験を受けるというルートです。
法科大学院に入る際にも厳しいテストがあり、この時点でふるいにかけられます。
また、大学で法学を学んでいた方は2年、学んでいない方は三年間、大学院で勉強をする必要があります。

もう一つのルートは、中学、高校や大学を卒業してから、予備試験を受けて、司法試験を受けるというルートです。
予備試験を受けて合格すれば、法科大学に通わずに、最短で司法試験を受けることが出来ます。
ただし、こちらのルートは余程勉強していないと、そう簡単に合格をすることが出来ません。
若者でも資格取得をすることが出来るメリットはありますが、その分道は更に狭く、合格するためには大変な努力が必要になるといえるでしょう。

それぞれのルートを通った後、司法試験に臨み、司法試験に受かれば一年の司法研修が行われ、その後行われる修了試験に合格することが出来れば、晴れて弁護士の資格を取得することが出来ます。
また、同じルートで検察や裁判官の資格も取得することが出来ます。